FC2ブログ
2019 GW 覚書 《軍艦島・端島炭坑編》
今回の旅のメインイベント、軍艦島にいよいよ上陸です

軍艦島 軍艦島クルーズのはじまりです

松山から福岡までの短い時間の飛行機の中で、たまたまJALの機内誌が長崎特集で

長崎市内にある軍艦島デジタルミュージアムのことを知って

上陸の前日に訪れ、予習することができました (これは後ですごく良かった!)


軍艦島は、2015年、国際記念物遺跡会議(イコモス)により

軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」

として世界文化遺産に登録されました

軍艦島(端島)単体で登録されたわけではありません

長崎・山口・福岡・佐賀・熊本・鹿児島・岩手・静岡の8県23の資産によって構成されています

(山口県萩市の松下村塾や鹿児島県の旧集成館、福岡県の三池炭鉱、佐賀県の三重津海軍所跡など)

長崎では軍艦島のほかに、高島炭鉱や三菱長崎造船所、小菅修船場跡、

長崎造船所 旧木型場、旧グラバー住宅などが同時に登録されています

また、軍艦島は島全体の世界遺産登録ではなく、島の約2割ほど

登録された場所は、島の中心部、廃墟建物の地下にある明治時代の石炭の掘削坑

(大正・昭和にも別の掘削坑が開削されましたが、こちらは世界遺産ではありません)

残りの8割近くは「緩衝地帯(バッファーゾーン)」と呼ばれ、

世界遺産の核心部分を保護するため周囲に巡らされた区域

緩衝地帯は世界遺産ではなく、保護の義務が課されず、多くは崩壊したままです

また、廃墟と呼ばれる軍艦島の建物の大半は、大正・昭和時代に建てられたもの

1910年=明治のものではないため、世界遺産には登録されていません


20世紀、「黒のダイヤ」とまで呼ばれた石炭の役割は大きく

炭鉱は今日の日本を造り上げた一大資源産業でした

中でも軍艦島で産出される石炭は、瀝青炭の中でも最も火力が強い「強粘結炭」

燃焼力が強く、製鉄の際に必要なコークスの原料としても使われます

国内で最も質の高い石炭を出し、製鉄業に大きく貢献しました

強粘結炭は、石炭の中で最も高価で取引されるため

軍艦島へと人を集め続けた一因だったようです


端島炭坑(軍艦島) 元々は岩礁による小さな島であった

1893年以降、40年に渡って計6回の埋め立て・拡張された島

敷地の大半が鉱場であり居住地がとても狭かったため、人口が増えていく過程で

高層階のアパートが建設され、同時に、

居住地を増やすために実施された拡張工事は、最終的に約3倍もの面積に広がった

明治の後期には、既に現在の形にほぼ近い、半人工の島になった


軍艦島 上陸する前に、一番初め見えた軍艦島

65号棟は、1945〜58年築のRC10階、地下1階建て

物質が不足していた戦中に巨大なRC造の建物が建設できたのは

紛れもなく石炭産業が当時の国家から手厚い保護を受けていたんだね

軍艦島 島北部に建つ65号棟、通称「報国寮」

建築は北側の棟の地下と地上7階から始まり、1947年に9階まで増築

さらに、東側の棟、1958年に南側が10階に増築されて、コの字型のの島内最大規模が完成

建築不毛時代と言われる第二次世界大戦をはさんだ約10年間で建てられた貴重な建物

コの字型の建物は、島の住居棟のシンボル的存在でした

一戸分の居室用面積は、新旧ともにほぼ同じ

2Kタイプの間取りで、六畳・四畳半と広めの土間か、六畳二間に狭い土間の違いのみ


軍艦島 「ドルフィン桟橋」に無事接岸

「ドルフィン桟橋」とは、堤防がない沖合に杭を打ち込んで作られた係留施設

さらに波の上下、潮の干満に合わせてタラップが上下する日本初の構造を兼ね備えています

1954年完成の初代は1956年の大型台風9号で流出

1958年により強固に改造した二代目も翌年の台風14号で流出

これらの経験を元に、1962年に三代目が完成

桟橋は、見学コースの建設時に、桟橋の中央部分を階段状に削り

潮の干満に合わせて上陸する段を選択する構造に改造されています


軍艦島 まるで城壁のような岸壁を要する軍艦島

写真はドルフィン桟橋から徒歩すぐの、第一見学広場から見た迫力ある島の絶壁です

周囲を東シナ海に囲まれているため、台風などによる波の被害を頻繁に受けていました

明治初期には、台風で炭鉱施設や住宅がすべて流出することが繰り返されます

その都度島の経営体が変わるため、波の猛威は想像を絶するものでした

島民は、島を守るために島の拡張と合わせて、「岸壁」を築き上げます

明治時代に建造された、「天川工法」と呼ばれる伝統的な石組で組まれた護岸

コンクリートで補強されて現代まで使われていますが

波が激しいためコンクリートが度々剥がれ、補強工事が行われていました


第3見学広場からは、鉄筋構造のアパート群など、人々の暮らしを知る生活エリアが見えます

軍艦島 30号棟日本初の鉄筋コンクリート造アパート

人口が増え続けた軍艦島では、島で生活するために高層集合住宅が建設されました

軍艦島デジタルミュージアム 六畳一間に台所の1Kと、四畳一間の1K

軍艦島デジタルミュージアム かまど、流しの他に押入れと出窓しかなく

軍艦島デジタルミュージアム 風呂・トイレは、共同です

かなり窮屈な空間です

写真は、「軍艦島デジタルミュージアム」で写したものです

軍艦島(現在)の立ち入り禁止区域をVRで探索できる体験コンテンツもあります

上陸ツアーでは近づけない65号棟や端島神社などを立ち入り禁止区域をバーチャル散歩

まるでその場にいるような感覚で見ることができました

軍艦島では、石炭出炭量の増加に比例するように、島の人口も増えていきました

最盛期(1959年)には島内に5,259人が住み、人口密度は当時の東京都区部の9倍

この記録は今でも破られていません

軍艦島の面積は、0.063人km²なので、人口密度は83,600人/km²になります

さらに軍艦島は、島内のすべてが居住地域ではありません

島全体の約5分の2に相当する内海側の埋立地エリアは、完全に工業用地で使用

この部分を除くと、人口密度は14万人近くにもなります


炭鉱でのきつい労働とは対照的に、豊かだった軍艦島の暮らしでした

当時としては軍艦島の生活水準は高く、ほぼ全ての家庭にテレビが普及していたそうです

昭和30年代の家電ブームの時も、 島内にはいちはやく電化が進み

朝日新聞の記事によれば1958年には既に100%電化生活と伝えています

1959年当時の全国平均給与は29,000円、

「家電三種の神器」の白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫の普及率は

それぞれ、7.8%、20.2%、 2.8%

さらに、家電の当時の販売価格を調べると3万円~6万円ほど

当時の平均月収の1〜2カ月分に匹敵し、相当高価な買い物だったことがわかります

島はその殆どが三菱の所有物であり、住宅も基本的には社宅ないし寮だったため

家賃・水道・電気・風呂総て併せて10円、極めて恵まれた環境だったようです


軍艦島には墓所と火葬場はありませんでした

土地が狭い軍艦島では、建物が密集しているため葬煙が島内に回るのを避けて

火葬場は軍艦島から北方700mの中ノ島に造られました


最後に第2見学広場に向かいます

お話を聞いていて、ガイドの先生はここを一番知ってもらいたいたかったんだなと思いました

軍艦島 右側、ベルトコンベアー跡

軍艦島 レンガ造りの総合事務所跡

端島炭坑(軍艦島)は、高島炭坑の技術を引き継ぎ

三菱により本格的な近代炭坑として開発が進められた海底炭鉱です

炭層が島の真下にあったため、海面下1,010Mの坑道を掘削

炭層に沿って石炭を掘り進め、掘り出した石炭は巻上機で地上に運びます

軍艦島 ここから1分半で地下600Mに降り

さらに、そこから海面下1,010Mの採掘現場に向かいます

坑員は、気温30~36℃、湿度90%と暑く (体感はもっと不快だったでしょう)

かつ炭層が40~60度と急傾斜で機械の導入が難しい坑内で

多くの作業を人力でこなしました

8時間3交代24時間稼働し、軍艦島は夜も煌々と明るかったそうです

労働条件は悪く、メタンガスや粉塵による爆発事故・落盤などが炭鉱内で多発し

殉職者も出たようです

軍艦島 今も階段に残る真っ黒な足跡

何も知らないでただ行くと、ただの瓦礫の島ですが、

学習していくと、鉱脈よりも深い深い歴史と意味がありました

Lucy も、知らないことがいっぱいありました

軍艦島 厳しい自然環境だけど遺してほしい


それから、よりによって、長崎の軍艦島で、まさかの再会(笑)

数年前に転勤していった、前職でお世話になっていたMSさんとばったり

ご家族とご一緒で、お幸せのおすそ分けを頂戴した気分になりました 

最後まで読んでくださりありがとうございました 


スポンサーサイト
[2019/07/15 14:08] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2019 GW 覚書 《長崎・世界遺産編》

長崎には、世界遺産の構成資産がたくさんあります


《 世界遺産巡り その1 》

2015年登録の明治日本の産業革命遺産の構成遺産は、

  ・小菅修船場跡                    ・三菱長崎造船所 第三船渠

  ・三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン

  ・三菱長崎造船所 旧木型場           ・三菱長崎造船所 占勝閣

  ・高島炭坑(北渓井坑)               ・端島炭坑(軍艦島)

  ・旧グラバー住宅

幕末から明治後期にかけ、日本は約半世紀という短期間で

のちの日本の基幹産業となる重工業(製鉄・製銅、造船、石炭産業)において

奇跡とも呼ばれる急速な産業化を成し遂げました

ほとんどの世界遺産は、前回の長崎旅行で見学しました

今回の長崎ぶらり旅は、軍艦島上陸がメインでしたので、

空いた時間は、ぶらぶらとお散歩でした

まずは、世界遺産旧グラバー住宅のあるグラバー園に・・・

グラバー園 旧三菱第2ドッグハウス

グラバー園 旧リンガー住宅

グラバー園 高台なので長崎港が見渡せます

グラバー園 連休中なので、何かイベントでも・・・

グラバー園 「春爛漫フェスティバル」とか・・・

グラバー園 何にもしていなかった

旧グラバー住宅 しかも旧グラバー住宅は大改修中

旧グラバー住宅 大きなテントの中でした

翌日、軍艦島に向かう船からもいろいろな世界遺産が見えます

ジャイアント・カンチレバークレーン ジャイアント・カンチレバークレーン

三菱長崎造船所 占勝閣 ちらっと三菱長崎造船所 占勝閣は、非公開

端島炭坑(軍艦島) いよいよ端島炭坑(軍艦島)が見えてきました

軍艦島については、またの機会に・・・


《 世界遺産巡り その2 》

2018年7月に登録された世界文化遺産の構成遺産は、

  ・原城跡                         ・平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)

  ・平戸の聖地と集落(中江ノ島)           ・天草の﨑津集落

  ・黒島の集落                      ・外海の出津集落

  ・外海の大野集落                   ・野崎島の集落跡

  ・頭ヶ島の集落跡                    ・久賀島の集落

  ・奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)  ・大浦天主堂

長崎と天草地方の潜伏キリシタンが、禁教期に密かに信仰を続ける中で

育んだ宗教に関する文化的伝統を物語る12の構成遺産です

大浦天主堂 長崎市内にある大浦天主堂

3日目にレンタカーを借りて出かけた 「平戸の聖地と集落」は、

潜伏キリシタンが何を拝むことによって信仰を実践したのかを示す4つの集落のうちの一つ

キリスト教が伝わる以前から山岳仏教信仰の対象であった安満岳なども併せて拝み

禁教初期にキリシタンの処刑が行われた中江ノ島を殉教地として拝み

聖水を汲む行事を行う場とした

平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳) 春日集落と安満岳棚田を見る展望スポット

平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳) 春日集落の棚田は美しかった 

平戸の聖地と集落(中江ノ島) 春日集落を下がっていくと中江ノ島が見える

平戸の聖地と集落(中江ノ島) ここは、キリシタンが殉教した島  

村民は、キリスト教解禁後もカトリックに復帰することはなく禁教期以来の信仰を実践し続けた

地域に教会堂はなく、現在では個人的に信心具を祀る程度になっている


Lucy は仏教徒で、知らなかったこともいっぱいあり、うまく感想がまとまらない ^^;

最後まで読んでくださりありがとうございました 

[2019/06/28 21:55] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2019 GW 覚書 《長崎・美味しい物編》
10連休のGWから、もう1か月以上経ってしまいました(笑)

もう忘れかけていますが、覚えている物を覚書しておきます φ(..)メモメモ


まず、初日 かもめ17号は12時49分長崎着、その足で昼食に向かいました

浜町にある、創業慶応2年の吉宗本店(よっそうほんてん)

吉宗本店 お店の前には、行列ができています

歴史と趣のある店舗は、創業以来、増改築をされながらも守ってこられたそうです

立派な建物なので、戦時中は、軍の指令所にもなっていたそうです

順番がやってきたら、日本人離れした顔立ちのイケメンお兄さんが、

テレビのリモコンより少し大きい2枚の木札をパンッと鳴らし、中に案内してくださいます

1枚はお客が持って入り、もう1枚は下駄箱の脱いだ履物の前に横にして立てています

茶碗蒸し 茶碗蒸しと蒸寿司のセット「夫婦蒸し」

茶碗蒸しの中には、穴子・エビ・鶏肉・椎茸・なると・銀杏・・・具だくさんでした


長崎の町をぶらり散策して、夕食は思案橋 宝雲亭(ほううんてい)

思案橋 宝雲亭 路面電車の中からお店が見えます

着いたときは、もう地元の人もいる行列ができていました

お店の外観、ぺんぺん草が生えている感が、味の良さを語っています(笑)

豚ニラとじ 牛スジポン 「豚ニラとじ」と「牛すじポン」

一口餃子 一口餃子(一人前10個)

長崎の餃子は、きちんと並んでなく、お皿の上にポイと盛られています

1個食べたから9個しかないのですが、豚挽肉に玉ねぎが入っていて美味しい!!

もっと注文すればよかった~と思いました


翌日は、軍艦島に行くので、ベイエリア 長崎出島ワーフで昼食を

じげ丼 どんぶりから溢れそうな「じげ丼」

お天気が良かったので、テラス席で長崎港の景色を眺めながら頂きました

長崎は、豊かな漁場に囲まれた水産県・おさかな天国です


軍艦島から帰り、バスに乗り、長崎ロープウェイに乗り、稲佐山へ

夕食は、稲佐山山頂展望台 光のレストランで、長崎発祥のトルコライスを

トルコライス ワンプレートに、ピラフとナポリタンの他

トルコライス カツやステーキ、サラダなどの盛り合わせ

食事を済ませ、夜景を見ようと外に出ると、物凄い人の山が出来ていた

稲佐山展望台 テレビ塔付近、いつの間にこんなに人が

稲佐山夜景 長崎・香港・モナコ 世界新三大夜景


長崎三日目は、レンタカーを借りて平戸に

昼食は、田舎の食堂で長崎ちゃんぽんを、

夕食は、佐世保の道の駅で佐世保バーガーをテイクアウトしました


長崎スイーツ・・・

ミルクセーキ 出島で食べたミルクセーキとカステラ

長崎の「ミルクセーキ」は、飲み物でないなぁ 甘くておいしい

「カステラ」は、ザラメの砂糖が美味しい

リンゴとピスタッチオのケーキ 林檎(左)とピスタチオ(右)のケーキ

浜町・梅月堂本店の「シースクリーム」を買って帰りホテルで夜食

平戸の南蛮由来のハイカラスイーツ「ポルトガル煎餅」「カスドース」「牛蒡餅」も頂きました

帰りに、長崎駅のアミュプラザ長崎店菓秀苑森長の半熟生カステラを買って

半熟生カステラ かもめ22号の中で頂きました

桃カステラ 思案橋白水堂の桃カステラ

中国で縁起がいいと言われる桃の形のカステラは、桃の節句の祝い菓子だそうです

文明堂総本店 出島の文明堂総本店でお土産を買い

お世話になってる皆さんにカステラをお届けしました

皆さんのよくご存じの「文明堂」さんは、暖簾分けしたカステラ屋さんだそうですよ

「えっ!、カステラ、届いていないですか?」 (笑)


美味しい物をたくさん頂き、満足です

次に長崎を訪れる時は、思案橋辺りで、ぜひ「卓袱料理」を頂きたいものです

最後まで読んでくださりありがとうございました 
[2019/06/17 22:45] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(0) |
初夏の散歩道
ここのところ、だんだんと暑い日が増え、湿度も高くなってきましたね

ブリアナも、Lucy も、元気です

K9Japan 今治 デモの立派なメダルと写真が届きました


山根公園方面にお散歩に出かけると、別子銅山記念館辺り、一面にお花が咲いています

散歩道 これは、「サツキ」なの? 「ツツジ」なの?

散歩道 「ツツジ」は、新居浜市の『市花』です

散歩道 これは「キンシバイ(金糸梅)」です

季節の移り変わりを感じながらお散歩を楽しんでいます


芝生広場には、顔見知りのお散歩わんこたちが集まります

K9のしつけ教室で訓練を受けているお友達わんことは違うので気をつけて遊びます

山根公園 大きいブリアナに興味津々かな?

山根公園 小さいわんこに吠えられました(笑)

山根公園 大好きなノアちゃんに似ているリッキー

こうやって、すぐ興奮するブリアナも社会勉強をさせて頂いています


さあブリちゃん、暗くならないうちに帰りますか?

散歩道 夕日がきれいでした

帰り道、この日は、以前の職場のクライアントさんが、家の前を通るのを待っててくださり

前の職場の理事長の苦情を(笑)話していました もう、私にはどうすることも出来ないのですが

お話をお伺いすることで、少しは気が休まってくれるのかな

公園の中でも、、ほかの元クライアントさんにお会いすることもあり

「元気だったの~!」「良かった良かった!」って、喜んでくださります


新しい職場も、もうすぐ半年になりますが、元気で頑張っています

体調管理に気を付けて、暑い夏を迎えましょう (;^_^A

最後まで読んでくださりありがとうございました 
[2019/06/03 22:27] | Brianna | トラックバック(0) | コメント(0) |
Lucy の 庭に、薔薇が咲いています
Lucy の、狭い庭に、薔薇の花が咲いています

Lucy のバラ ブリアナは、こちらの庭には、

Lucy のバラ 自由に入らせません

Lucy のバラ だって、油かすや、薔薇の肥料を

Lucy のバラ 咥えて、どこかに持っていきます

Lucy のバラ それに、 薔薇は、虫が付きやすく、

Lucy のバラ 病気にもなりやすいので

Lucy のバラ 消毒も、よくします

Lucy のバラ それに、棘があるからね

Lucy のバラ 母ちゃんがいる時だけ

Lucy のバラ 特別に入れてあげます

Lucy の庭 父ちゃんのお気に入り、セージとカモミール

Lucy の庭 ラベンダーも咲いています

Lucy のバラ いい匂いがしているの

Lucy のバラ ブリちゃんも好きですか?

Brianna いつもこうなるからカーテンが汚れる

Brianna さあ、お風呂に入りますか!

だんだん暑くなってきましたね

まだ5月って思っていても、気温が高くなる日もあります

油断せずに、熱中症になりませんように 水分補給をしてくださいね

最後まで読んでくださりありがとうございました 
[2019/05/17 21:20] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
月と花とを語らいて


The story of Lucy's family

プロフィール

Lucy&Amber

Author:Lucy&Amber
  二人して月と花とを語らいて
  確たる道をはげみ征かなむ
             『こころの華』より

Lucy's family
Amber・・・Lucy の優しい旦那様
Lucy・・・・・私(けっこうおばちゃん)
Paddington・・・自慢の一人息子
Brianna・・・可愛いドーベルマン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR