連休の忘備録 その6 帰り道
6月2日、夜、9時を過ぎて、旦那様とブリアナと一緒に、てくてく歩いて行ったのは

Brianna 散歩道 みんなで守る故郷の自然 「中萩ホタル祭り」 

↑ 光ってるのは、ぶりちゃんのおめめだよ(笑)

この橋の北側から中萩小学校の西側辺りの東川に、蛍がいっぱい飛んでいました

こんなにたくさんのホタルを見たのは、50年ぶりくらいかな~ 感動 


で、ゴールデンウィーク、連休の旅の終わりは・・・ 中央道を走り甲府に立ち寄りました

中央道 美しいアルプスの山並みに感動です

甲府で下りたのは、20年も前に、旦那様が職場の研修会に参加し

一緒に研修を受けた方が、甲府にお住まいで、毎年、美味しいブドウを送ってくださいます

一度、お会いして直接お礼をお伝えしたかったのです 

中央道 混雑もなく、スムーズに走れました

中央道 長野に入り、諏訪湖のSAです 

そして、尾張一宮でヒッチハイカー2人を拾い、おしゃべりして、大阪吹田で下ろし

淡路海峡大橋を渡り、四国に入ったあたりから、風が出て雨が降り始めましたが

無事に、新居浜に戻り、いつもの忙しい日常が始まっています

連休のぶらり旅で、しっかりとリフレッシュできました

いつものように旦那様に「どこが一番楽しかった?」と聞くと「全部、楽しかった」と

なかでも、一番面白かったのは、「はじめて会ったのにおまえと(甲府の)奥さんが、

旧知の友のように話していたこと!」ですって(笑)


マイントピア別子 芍薬祭り マイントピア別子のしゃく薬まつり

Brianna 散歩道 満開のツツジ 新居浜市の市花です

ツバメ 職場のツバメ、第1陣が巣立ちました

百花繚乱、薫風さわやかな5月が過ぎて、6月になりました

大きな声で言えませんが、Lucy は、6月に、一つ歳をとります・・・


最後まで読んでくださり、ありがとうございます! 

スポンサーサイト
[2018/06/04 23:19] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(4) |
連休の忘備録 その5 高尾山
今日(27日)は、朝からK9今治の練習、ペット屋さんでブリちゃん、肛門腺絞りと爪切り

ぶりちゃん、どれもお利口さんに過ごしました

暑くなったから、長~い舌がべろんべろんして、よだれがしたたり落ちます(笑)

Brianna 山根公園に、錦糸梅が咲いてます


5月5日、立川の国営昭和記念公園を散策した後、【高尾山】に登りました


京王線高尾山口駅から徒歩5分、ケーブルカーの高尾登山電鉄・清滝駅に着きます

海抜201Mの清滝駅から、海抜472Mの高尾山駅まで標高差271M,、1000Mの距離を

もみじ号とわかば号が行き違いで15分間隔で、片道6分ほどで運行しています

高尾山 最大で135人を一度に運ぶことができます

高尾山 よく見えないけど(真ん中辺り)行き違い個所

高尾山 線路の両サイド、新緑の紅葉です

最急勾配は31度18分、ケーブルカーの線路では日本一の急勾配だそうです

高尾山 ジェットコースターみたいだよ~

悲鳴が上がりそうな角度だけど、使用しているロープは安全率が十倍以上のものが使わてて

万一切れたとしても、わずか2メートルほど滑っただけで止められる!

強力な自動ブレーキがレールを挟み、安全に停止ができる構造になっているらしいです


ケーブルカーを降りて、すぐ目に入ったのは、青空の下に広がる大パノラマ

新宿都心から横浜までが一望でき、夜は1000万ドルの夜景を楽しめるそうです

高尾山 ここも東京都なんだけどね


これで、もう大満足なんだけど、せっかくだから、さる園・野草園へ行きました

こどもの日だったので、入場料半額! お猿さんの赤ちゃんが生まれていました


高尾山野草園では四季おりおりに高尾山の野草が楽しめます

高尾山 高尾山に昔から自生していた野草を中心に

高尾山 約300種類あまりの亜高山帯植物や

高尾山 一部高山植物などを、できるだけ

高尾山 自然の姿で見られるよう配慮されています

高尾山 おっと、トリカブトって猛毒の???

高尾山 上を見上げれば、木にも花が咲いてる

高尾山 真っ白い房になった花も可愛い!

「雑草という草はない」とは、昭和天皇の有名なお言葉

「雑草という草はないんですよ どの草にも名前はあるんです

そしてどの植物にも名前があって、それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです

人間の一方的な考えで、これを切って掃除してはいけませんよ」と

山野草は、お花屋さんではなかなか見られないし、けっして華やかではないけれど

歳をとってきたら、なんだか良いなぁ~って思ってきた(笑)


そういえば、高尾山には天狗がいるって、ロシアからの留学生クロちゃんが教えてくれたって

息子 Paddington が言ってたけど、天狗さんにはお会いできませんでした

4月に、お土産屋さん「高尾山スミカ」が、リニューアルオープンしていました

天狗を含む幾千の生き物が棲む処(=すみか)だそうです

高尾山 下りのケーブルカー待ちの人の山

高尾山 東京消防庁のレスキューが乗ってきました

登山者の遭難? 皆さん、無事にお家に帰れますように!

Lucy と旦那様も、明日(5月6日)は、無事に愛媛に帰ります


最後まで読んでくださり、ありがとうございます 


[2018/05/27 23:25] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(2) |
連休の忘備録 その4 国営昭和記念公園
ブリちゃんの散歩道で、デルフィニウムが咲いていました

Brianna 散歩道 神秘ささえ感じる美しい青です


連休中の4日目は、立川市にある【国営昭和記念公園】と八王子市の【高尾山】へ行きました

今回は、国営昭和記念公園の巻(笑) 都会の自然を満喫します!

息子 Paddington に、リュックサックを借りて(歩く気満々)、JR八王子からJR西立川で下車

西立川口から入園し、まずは、「昭和天皇記念館」へ向かいます

昭和天皇御在位50年記念して造られた、敷地面積180ha(東京ドーム約39個分)の国営公園です

国営昭和記念公園 ふれあい橋を渡り、「ふれあい広場」を抜け

「ドッグラン」に寄り道  いつかブリちゃんも連れてきてあげたいよぉ

立川口から一度公園を出ますが、大丈夫! また入園できます

みどり橋を渡ると、いい匂いがしてきました エスカレーターで降りていくのですが・・・

国営昭和記念公園 モッコウバラ モッコウバラが満開でした

昭和天皇記念館は、「花みどり文化センター」内にあります

昭和天皇の87年に及ぶご生涯、緑を愛された昭和天皇の生物学ご研究、ご遺品・写真等

昭和天皇ゆかりの資料を展示されています

ニッサン・プリンス・ロイヤルが、でーんと展示されています

1967年から天皇陛下の御料車としてその役務を果たしたプリンス・ロイヤル

来年の新天皇のご即位は、どんな乗り物が登場するのでしょうね


国営昭和記念公園 さて、公園に戻りますよ

国営昭和記念公園 銀杏並木 秋にはまっ黄色い銀杏並木です

国営昭和記念公園 クリスマスローズ 6番交差点から「花木園」の方向へ

国営昭和記念公園 わんぱくゆうぐ 「わんぱくゆうぐ」には、子供がいっぱい

国営昭和記念公園 ネモフィラ まだネモフィラが咲いていました

国営昭和記念公園 カラタネオガタマ カラタネオガタマは、バナナの香り

国営昭和記念公園 渓流広場 都会の中とは思えない景色です

国営昭和記念公園  「渓流広場」で、昼食を取りました

黒焼きそば・揚げ持ち・揚げカレーパン、どんどん歩いているから?すごく美味しい

国営昭和記念公園 でも、木の上でカラスがカーカーうるさい!

国営昭和記念公園 移動にらくちん「パークトレイン」もあります

国営昭和記念公園 ようやく「日本庭園」に着きました

まだ、先はあるのですが、残念ながら高尾山に行くからそろそろ引き返します

国営昭和記念公園 「子供の森」辺りは、子供がうじゃうじゃ

国営昭和記念公園 テント村ができていました (笑)

国営昭和記念公園 大人も子供も十分楽しめますね

ここは、都会のオアシスなんでしょうね

けっこう暑かったので、西立川口近くの「水遊び広場」で、子供たちは水遊び楽しそうでした

旦那様の万歩計は、そろそろ2万歩になっていました いっぱい歩いたね

では、JR西立川から電車に乗って、高尾山に向かいます


いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます 


[2018/05/25 21:48] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(0) |
連休の忘備録 その3 鎌倉洋館巡り
ブリちゃんの散歩道、どこからかいい匂いがしている今日この頃です

Brianna 散歩道 ツツジや薔薇が満開です


ゴールデンウィークのぶらり旅、3日目は、【鎌倉 洋館ぶらり旅】でした

鎌倉にはお寺がいっぱいあるので、どこがいいか選びきれないから、洋館に行きたいと

息子 Paddington に伝え、車で連れて行ってもらいました

まずは、金沢街道の報国寺(室町幕府初代将軍・足利尊氏の祖父、足利家時が創建)に

鎌倉 報国寺 鎌倉随一の竹林を有するお寺 

鎌倉 報国寺 約1000本の孟宗竹が群生しています

報国寺から、徒歩3分、旧華頂宮邸(昭和4年に建築された国の登録有形文化財)があります

鎌倉 旧華頂宮邸 ハーフティンバー様式の建物

今度は、報国寺に戻り金沢街道の反対側、浄妙寺の境内の高台にある石窯ガーデンテラスへ

鎌倉 石窯ガーデンテラス 石窯ベーカリーレストランです

鎌倉 石窯ガーデンテラス 90年以上の洋館(旧犬塚邸)を改装

鎌倉 石窯ガーデンテラス お庭は、ニコラス・レナハンさんのデザイン

鎌倉 石窯ガーデンテラス 四季折々のお花が楽しめます

鎌倉 石窯ガーデンテラス 満開のクレマチスのベンチでパチリ

鎌倉野菜をいっぱい使ったシンプルランチをお庭を眺めながらテラス席でいただきました

鎌倉 石窯ガーデンテラス 野菜とシーフードのバーニャカウダ

鎌倉 石窯ガーデンテラス サンデーロースト イギリスの日曜伝統ランチ

鎌倉 石窯ガーデンテラス 真鯛のポワレと春色ソース

スープ、石窯で焼いたパン、ドリンクが付いています そして、デザートはレモンケーキ

鎌倉 石窯ガーデンテラス 自家製レモンジャムがすごく美味しい

大満足のランチを終えて、鶴岡八幡宮方面、小町通りに移動、さすがにGWの人気観光地

めちゃくちゃ混んでる、大渋滞 数年後には、鎌倉への観光客の車は入れなくなるらしい

鎌倉 小町通り おまけに、安全確認?踏切で足止め

小町通りを西に入り、鎌倉駅西口へ歩いていくと古我邸がある

大正5年に竣工した鎌倉三大洋館のひとつ、三菱銀行の重役・荘清次郎氏の別荘へ

鎌倉 古我邸 裏のお池で蛙が賑やかに鳴いていたよ

最後に、鎌倉文学館に行きたかったんだけど、開館時間が5時までなので

到着したときは、もう閉館してしまっていた すごく残念! 渋滞過ぎて移動に時間がかかりすぎ

お土産は、息子 Paddington に薦められた鎌倉小川軒のレーズンウイッチを  好評でした

鎌倉からの帰り道 富士山 帰りの高速から、富士山がきれい


「あしたは、都会の自然を楽しもう! いっぱい歩くよ!」と

昭和記念公園と高尾山に行くことにしました


いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます 
[2018/05/20 23:58] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(0) |
連休の忘備録 その2 富士花鳥園
5月3日、高速道路もスイスイ走れたので、お目当ての富士芝桜まつり【前号】を堪能し

このまま八王子に向かうのはもったいない

そうだ、来る道に 【富士花鳥園】があったなぁ

寄ってみよう! お得意の、ぶらり旅!


長屋門の建物の中に入り、入場チケットを購入 そこで、

一瞬、ぬいぐるみ?かと思ったほど可愛い2羽の小さいフクロウが迎えてくれました

写真を撮らせていただくのを忘れるほど、可愛かったですよ~


1) 花を楽しむ        

空調ハウスの中に一歩踏み入ると、どこを見渡しても一面、花・花・花、まるで天国

ん! 何の花だ? ベコニアだ!

富士花鳥園 天井からも側面も花だらけ

富士花鳥園 これ、極大輪球根ベゴニア

富士花鳥園 フクシアっていうお花だそう

富士花鳥園では、球根ベコニアの改良を重ね1輪が30㎝にもなる花があるそうですよ


2) 鳥とふれあう        

お花の温室から外へでると、動物園でよくみるフラミンゴが、毛繕い中

富士花鳥園 おいおい、そろそろこっちを向いてちょうだいな

富士花鳥園 あたしの足をくすぐるアヒルさん

富士花鳥園 おっ! 君は、ブラックスワンだな

富士花鳥園 何とも面白顔のエミューさん

室内には、約30種類ものフクロウ・ミミズクをはじめ、ペンギン、エミュー、ロリキート(インコ)

いろいろな鳥がいっぱいいました

富士花鳥園 富士花鳥園
富士花鳥園 富士花鳥園


3) バードショー          

私たちが見たのは、屋内のバードショーでしたが、鈴の音に合わせてアヒルさんが登場

芸達者なフクロウさんが出てきたり、迫力あるバードショーでした

富士花鳥園 こんなカッコイイ鳥が、

富士花鳥園 風を感じるほど間近で見える

富士花鳥園 頭上をかすめるように飛びます

正直言って、Lucy は、鳥はあまり好きではないんだけど、けっこう楽しかった(笑)


さて、そろそろ息子ホテルに行きますか

富士山 しばらく富士山とランデブーでした

「談合坂出ます」って息子さんにラインしたら 「もうすぐそこまで来てしまってる」だって


いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます 


[2018/05/16 21:17] | ぶらり旅 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
月と花とを語らいて


The story of Lucy's family

プロフィール

Lucy&Amber

Author:Lucy&Amber
こどもが成長し、
少し自由になった時間を、
ドーベルマンの Brianna と
楽しくすごしています

Lucy's family
Amber・・・Lucyの旦那様
Lucy・・・Amberのお嫁さん
Paddington・・・一人息子
Brianna・・・わんこ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR