ブリアナの予防注射 と 2017新居浜太鼓祭り
ずーっと、雨でした 

人間洗濯物は、部屋干ししますが、 

いくらブリちゃんが可愛くても、ブリちゃんの物は家の中で干せない Lucy です

でかいわんこのマットやバスタオルなどは、やっぱりでかいしぃ~


ブリちゃんは、7月生まれなので、毎年のワクチン接種は、10月になります 

予防注射 美味しい匂いがするのでじっと出来ない

予防注射 なので雨でしたが、お外で待ちました

山梨のブドウ 山梨から甘いぶどうが届きました 

待合室に 『秋の味覚、ブドウに注意』 のお知らせが貼っていました 

わんこの場合は、ブドウで死に至る中毒を起こすケースがあるそうです

※ブドウ中毒の症状は、食後72時間以内に吐き気や下痢があり、食欲不振、腹痛、脱水などの症状が起こり、数日後には、腎不全となって長期の治療が必要となったり、死んでしまう場合もあります。いくらおねだりされても、犬にブドウは絶対に与えないでください。っていうようなことが書いてありました。


Lucy の住む町の地方祭が、雨にも負けず、盛大に行われました

今年は特別に、  市制施行80周年記念太鼓祭りイベント

あかがねの上部龍鼓祭(山根グランド会場)を見に行きました

2017 新居浜太鼓祭り 入場 すでに血気盛んなかき夫たち

2017 新居浜太鼓祭り 雨の中でも見物客は満員 

2017 新居浜太鼓祭り 高校生の書道パフォーマンス 

2017 新居浜太鼓祭り ふさが揺れるのがなんとも美しい 

2017 新居浜太鼓祭り 「一斉差し上げ」や「寄せ太鼓」 

2017 新居浜太鼓祭り 史上最大12台による寄せ太鼓 

2017 新居浜太鼓祭り フィナーレの打ち上げ花火 

お祭り大好きの市民たちは、また来年の祭りを目標に日常生活を送るのです(笑)

かき夫の皆さん、お疲れさまでした


最後まで読んでくださり、ありがとうございました 
スポンサーサイト
[2017/10/23 22:03] | 住んでる町の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
新居浜太鼓祭り 2015
「ぴーりっぴーじゃあ どんでんどん」

「そーりゃっせいじゃぁ どんでんどん」

子供の頃から、耳についてる祭りの掛け声です

今年も、10月16日~18日、豪華絢爛、盛り上がった新居浜祭りでした

1台重さ約3トン、高さ5.5m、長さ12mという巨大な山車である太鼓台

4本の棒(かき棒)には、最大150人余りの男衆(かき夫)がつき

太鼓台から二人の打ち手により、絶え間なく打ち鳴らされる腹に響く太鼓の音

かき棒にまたがり太鼓台の運行を仕切る4人の指揮者の勇ましい笛の音

揃いの法被に身をつつんだ男衆達のかけ声によって市内を練り歩きます


太鼓祭り最大の見どころである「かきくらべ」では、複数の太鼓台が一箇所に集まります

17日、ブリちゃんと散歩で行く山根公園は、この日は別世界となります

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ 大人太鼓20台が集まる統一寄せ

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ カメラ小僧やカメラジジイも集結(笑)

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ のろしの合図を今か今かと待っている

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ グランドの石段は見物客で山のよう

「かきくらべ」は練り歩く際に取り付けていたタイヤをはずし、かき夫の力だけで動かします

指揮者の厳かにも感じる独特な手旗の動きと笛(ホイッスル)の音に、太鼓が加わり

命を吹き込まれたかのように、太鼓台が堂々と動き始めます

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ 中萩地区7台の見事な「寄せ太鼓」

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ 泉川地区の風船パフォーマンス

男衆を鼓舞するように太鼓が早打ちされ、指揮者の絶妙な指示で太鼓台を肩にかつぎ上げ

かき夫が一斉に、言葉を放つ 「差いてくれっ」(って聞こえるのだがホントかなぁ)

すると「差し上げ」と呼ばれる両手を伸ばして3トンの太鼓台が持ち上がり、拍手の渦

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ 4地区各代表の「差し上げ」

船木地区・池田太鼓台は、6分間も差し上げ、その勇姿に見物客は万雷の拍手を送りました

まさしく男衆の力比べ、技比べです

この祭りにかける情熱が観衆にも呼応し、人波に押され、祭りは正に最高潮に達します


新居浜で生まれ育ったほとんどの男子が (最近では、新居浜で働く他の市町出身者も)

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ この男祭りの虜になります

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ よく見りゃ、重係も、指揮者も

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ Paddington の友人・知人じゃん

太鼓台には、地区の重鎮が、地域で青年を育てるという大切な意味もありますね

伝統文化を継承しながら、若者が地域に溶け込み、地域社会と団結を覚えていきます

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ かきくらべが終わっても差し上げ

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ まだまだエネルギーはありあまり

新居浜太鼓祭り 2015 山根グランド統一寄せ 次の場所へと意気揚々と帰路に

あー素晴らしかった!!と感動した!!と、カメラババア Lucy だったのでした

そして、新居浜の太鼓きちがい達は、祭りまであと365日と数え始めるのです(笑)

最後まで読んでくださりありがとうございました 
[2015/10/20 00:24] | 住んでる町の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
別子鉱山の歴史道をお散歩
まだまだ残暑が厳しいので、少しでも涼しいところを選んで散歩に出かけます

最近は、昔、別子銅山で栄えた新居浜市立川辺りにも行ってみます

角野小学校の東側を通り、赤い生子橋を渡らず山へ入っていきます

煙突山 いつもは北側から見る煙突山の裏側

高速道の下 高速道の真下に水が流れています

立川 民家の石垣 山側に民家の跡 石垣がいくつもあります

立川自治会館 立川自治会館に着きます

自治会館の前に、小さな商店があり、そこには看板犬の銀ちゃんがいます

初めて見たへんてこりんな犬・ブリちゃんに、銀ちゃんはたくさん吠えました

そのうち慣れてくれるかなぁ?

立川自治会館 裏 自治会館の裏に進むと小さなプール?があり

立川自治会館 裏 赤い鯉が気持ちよさそうに泳いでいました

立川中宿・立川精銅所跡 プールの前は、立川中宿・立川精銅所跡

立川中宿・立川精銅所跡 別子銅山の歴史のにおいがしますか?

別子銅山は、西条藩の立川銅山と接しており、また同じ鉱脈を採掘していたため、

鉱区の境界紛争がたびたび発生していました

また、住友としては、別子銅山から小箱峠を経て、天満に至る輸送経路が長距離で

かつ難路であったこともあり、別子銅山から立川(新居浜市)を経て口屋へと至る

輸送経路の確保が念願でした

このようなことから、別子銅山と立川銅山を併合した大別子が宝暦12年(1762)に実現し

住友の手によって経営されることになりました

明治7年(1874)、フランス人鉱山技師のルイ・ラロックを雇い、全山調査の結果の末、

「別子銅山目論見書」が翌年完成 ラロック案の内容は、東延(別子山村)から斜坑を掘削し、

それに支坑道を交差させる近代的大規模採鉱法の採用と、

惣開(新居浜市)に洋式製錬所を建設し、東延~惣開間の運搬車道の建設などでした

この立川中宿は、元禄15年(1702)に設置され、生活物資の荷上げと祖銅の荷下げが行われ

一時保管のたくさんの蔵がありました

明治24年(1891)、別子鉱山鉄道の完成を間近に、運輸業務の役割は終えました

“東洋のマチュピチュ”といわれる東平は、これよりまだ上にあり

採鉱課事務所、病院、学校(小・中学校、保育所)、接待館、索道、電車駅、選鉱場、

神社、寺、販売所、娯楽場、社宅などがあり、“山の町”といわれるほど賑やかでした

百度石 あれれれれ 帰りに見かけた光景(笑)

このニャンコちゃん、100 ちゃんと数えてくれるのかなぁ

皆さんの願いが、叶いますように 

最後まで読んでくださりありがとうございました 
[2015/08/27 23:15] | 住んでる町の話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
滝宮公園までの散歩道 リリちゃんに会ったよ (*^_^*)
2月19日(木曜日) その日のお散歩は、滝宮公園まで行きました ♪

滝宮公園までは、住友金属鉱山下部鉄道の跡が遊歩道になっていて

その遊歩道を、北に向かってどんどん降りていきます

住友金属鉱山下部鉄道 跡 国道11号線を過ぎたところ辺りです

住友金属鉱山下部鉄道 跡 この道は、近代化産業遺産になっています

鉱水路と遊歩道の間は、近隣の自治会の方々が、 

 コスモス や  菜の花 を育ててくださって毎年楽しませて頂いています

住友金属鉱山下部鉄道 跡 菜の花の赤ちゃんが、にょきにょき

住友金属鉱山下部鉄道 跡 遊歩道の南側(本郷方面) ここから

住友金属鉱山下部鉄道 跡 遊歩道の北側(政枝方面) こっちへ

新しい県道が通り抜けます なので、この辺りのお家が立ち退きになりました


滝宮公園に着きましたよ~ (*^_^*)

滝宮公園 公園には、大きなお池があります

滝宮公園 お池の周りは、約0.8Km あります

お池に沿って南側に向かうと、日本庭園があります

滝宮公園 梅?の花がもうすぐ満開です!

滝宮公園 実は、この石碑、 Lucy の母の文字なんです (^^;)

桜の木も、いっぱい植えられていて、お花見もできます

小さな子どもさんが遊べる遊具や、動物広場もあります

金子山を登っていくと、展望台もあり、新居浜市内を一望できます


おやおや、あっ、リリちゃんだぁ~  「りり~」「りり~」

リリちゃん BaBa様が気づいてくださいました 

リリちゃん お池の半分までの往復、一緒に歩いたよ
 
同じ方向に向かって歩くと、少しは仲良くできます

正面から顔を会わすと、お互い、ドキドキしますよ~ 

こうして、だんだん仲良しになっていきます・・・たぶん(笑)

その時の様子を、BaBa様が、素敵に書いてくださっています
                            
BaBa様のブログ“リリBaBa日誌”の ブリちゃ~ん♪ です

楽しい、楽しい、お散歩でした!

BaBa様、ありがとうございました! またお願いします 


花粉が飛んでいますねぇ~ (>_<)

最後まで読んでくださりありがとうございました
[2015/02/26 23:38] | 住んでる町の話 | トラックバック(0) | コメント(2) |
煙突山にのぼったよ (*^_^*)
煙突山 こんにちは♪ あたち、ブリアナ

最近、母ちゃんは、日記を書くのをサボってます

忙しいと言いながら、死んだように寝ているの、あたち、知ってましゅ

この前、って言っても先月の24日、土曜日なんですがね

お天気が良いからって、煙突山にのぼったのを、今頃思い出していまちゅ

煙突山 結構上り坂 ここを登って行きましゅよ~

入り口に、健脚者は10分、普通の人は18分で登れますって書いてたよ

そして、杖を置いててくださり、もちろん母ちゃんは、1本貸してもらってた (*^_^*)

煙突山 新居浜市民に「煙突山」と呼ばれ親しまれるんだ

本当の名前は、「生子山」(標高144.7m)

父ちゃんも、母ちゃんも、煙突山に登るのは、小学校の遠足以来だって

煙突山 何人かの人とすれ違いながら登っていくと見えてきた

煙突山 新居浜の街も見えてきた! 

煙突山 着いたじょ~ 気持ちいい~ 

ここは、昔々、豊臣秀吉っていう人の四国攻めの舞台!

煙突山 よっこらしょ 瀬戸内海も本州も見える

煙突山 てっぺんの大きさはこんなにあるって

煙突山 煉瓦の建物って素敵~ 

明治21年(1888)建築された山根製錬所の赤いレンガの煙突

高さ約20mの精錬所の煙突だけが残ってて

世界に短期間で追いついた明治の近代化を今日に伝えている~♪

煙突山 平成21年(2009)に国の登録有形文化財に登録

「明治21年(1888)、住友家初代総理人であった広瀬宰平は、
東京大学の教授であった岩佐巌(いわお)を招き、
この地で湿式収銅法による収銅過程で、
硫酸などの化学物質の抽出と更には、製鉄の試験を開始しました」

って、書いてある・・・あたち、読めないけど・・・ぷっ

煙突山 さっ、帰るじょ~

煙突山 まてまて、あたちのアンテナが・・・

ピ~ンっと立ったです・・・いつもは、びよ~んなんだけどね~

そうそう、この辺にお猿さんが出没するらしいんだ 

母ちゃんの憧れの、ブログ「りりBaBa日誌」のBaBa様が言っていた

お猿さんに会ったらどうしよう・・・ドキドキ・・・無事に帰りましたよ~

BaBa様は、あたちと初めて会ったときの事を書いてくれてまちた 

「リリBABA日誌」さんの“やっと会えました” ここをポチッっと

BaBa様、ありがとうございました (*^_^*)

母ちゃん、また、煙突さんに会いに行きたいな~


最後まで読んでくださりありがとうございました

みなさんも、「煙突山」の登山、いかがでしゅか~ 
[2015/02/06 23:05] | 住んでる町の話 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
月と花とを語らいて


The story of Lucy's family

プロフィール

Lucy&Amber

Author:Lucy&Amber
こどもが成長し、
少し自由になった時間を、
ドーベルマンの Brianna と
楽しくすごしています

Lucy's family
Amber・・・Lucyの旦那様
Lucy・・・Amberのお嫁さん
Paddington・・・一人息子
Brianna・・・わんこ

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR